不動産の名義変更はプロに任せるべき。

土地や建物を売買すると、たとえば私が売り主であった場合には、私の名義から買主さんに土地の名義変がなされることで所有権が移ることになります。

この過程で行われる売買手続きの中には「所有権移転登記」というのがあって、一般には、これを名義変更と呼んでいるのだそうです。

土地や建物の不動産を売買するときは、直接売主と買主で行うのではなくて、ほとんどのケースで不動産仲介業者が関与するケース(第三者間での売買)が多いのです。

また親族間や親子間で売買をするときも、売買にいろいろなトラブルがおきないように、仲介業者を入れたり、司法書士や弁護士に入ってもらったりします。

土地の名義変更や建物の名義変更をする際の費用は、売主と買主のどちらかが負担するのですが、通常は、買主の側が司法書士さんに依頼して、決済のときにまとめて名義変更を行います。

書類が多くとても面倒な手続きですが、たとえば抵当権の抹消登記や名義変更の登記手続きなども、司法書士さんが代行してくれるおかげで、土地や建物の買主としては、署名と捺印だけをすればいいようになっています。

それに加えて、新たに設定する買主さんの住宅ローンなども、抵当権の設定登記については司法書士さん1人がすべてを担当し責任をもってやってくれます。

地域によっては売主側・買主側の双方に別々の司法書士さんがつくこともあるといいますが、少なくても私が経験した東京での土地の名義変更…私は不動産名義変更手続センターに相談をしたのですが、1人の司法書士さんが全て行ってくれました。

相手側の司法書士さんが出てくるということはなかったです。

費用そのものは高くありません。

中には不動産仲介業者や名義変更のための費用がもったいないといって直接売買する人もいますが、未経験の素人さんがやるとたいへんなトラブルになる可能性が高いので、絶対にやめたほうがいいです。